2014年05月21日

ブリティッシュヒルズその3

ブリティッシュヒルズ(BH)旅行記その3。今回で終わりです。その1その2

2日目はマナーハウス内の見学ツアー。チェックイン時に「ツアーは日本語で?英語で?」と訊かれ、思い切って「英語で」と答えた我々は定刻通りロビーに集合。ガイドを担当するイギリス人のニクソン君(22歳/推定)のイケメンっぷりにポワ〜ンとなる。この時間のツアー参加者は我々2名の他、女性2名の計4名。帰りの送迎バスを待っている時にも午後のツアーがあったらしく、英語ガイドど日本語ガイドそれぞれに参加している人がいました。

マナーハウスは本来は領主の邸宅。BHではメインとなる建物で、1階は食堂やラウンジ、プールなどがあり自由に見られます。見学ツアーでは2階の各部屋にも入れます。
BH63-2.jpg

もう廊下だけでも味わい深い。雰囲気を邪魔するモノは一切ない!
BH64-2.jpg

BH65-2.jpg
つくづく日本と照明の使い方が異なると感じますね。蛍光灯はございません。温かみのあるランプ。
フラッシュなしで撮影すると映りが悪くなりますが…凄く綺麗だったのですっ!

窓辺のソファ。
BH66.jpg
こういう所、実際に座れるのが嬉しいです。
観光で洋館を訪れても、触れない・入れない・座れない、ってことが多いものですがBHは違います。

見学ツアー。ネイサン君「写真撮影はどこでもOKです。質問もいつでも受け付けます」こういうことを先に言ってくれるのはとてもありがたいです。そして写真撮影オールOKなところも嬉しいです!
まずはレセプション内のご案内(receptionて英国で使われる英語なんですかね。lobbyとの違いが今ひとつ分かっていません。BHではreceptionを使っていました)
BH69.jpg
ネイサン君「シャンデリアは権威の象徴。凝れば凝るほどに」

写真では切れてますが、「暖炉の上の絵画は季節によって変えています」「暖炉は冬には実際に使用しています」他の部屋と違って確かに灰の跡があります。火の燃えるところ見てみたいです。
BH77.jpg

BH78.jpg

テーブルの上のこれは何かと開けてみたらドライフラワーでした。
BH79.jpg BH80.jpg

素敵な椅子いっぱいあるんですよねえ。
BH82.jpg

BH81.jpg

上へと通じる階段。階段の手摺の柱にはモンスタみたいな奴がいて、ネイサン君「これなんでしょう?」羽を持った、でっぷり太った変な奴なんですよ。ファンタジゲームの敵キャラに出て来そうだけど、何の生き物か分からないわ。ネイサン君、「答えはドラゴン」日本とだいぶ違いますねえ〜。
なぜモンスタがレセプションの階段の所にいるかと言うと「魔除け」なんだそうです。
BH83.jpg

BH84.jpg
踊り場で立ち止まります。巨大なステンドグラス。「イギリスで作り、運ばれて来ました」「描かれている動物分かりますか?」私は普通に馬だと思ってました…。頭に角あるじゃん!M女史「ユニコーン」正解!ネイサン君「ユニコーンはイギリスで平和の象徴です」そういえばベネさんもユニコーンのTシャツ着てましたなあ。

2階。「アメリカ英語ではここはsecond floorですが、イギリス英語ではここがfirst floorです。
1階はイギリスではground floorと言います」
ハイハイハーイ!SHERLOCKのお陰で知ってますそれ!
BH85.jpg
とても広々としています。BHは結婚式も行っているそうで、この場所も使われるとか。

2階の廊下。
BH86.jpg
壁に大きな絵画が沢山掛けられています。明治天皇とか(なぜ)、昭和天皇とエリザベス女王とか。風景画もあって、ロビーの暖炉上にあった季節絵と合わせて春夏秋冬。ネイサン君「秋はオータムです。フォールじゃないよ」とわざわざ言ってて、「なんで?」て訊けば良かったんですが……訊けなかった。帰って知り合いに訊いたところ、autumは英英語、fallは米英語なんだそうな。

廊下の壁際にぽつぽつ置かれている椅子。「ちょっと休憩する時に座る椅子」だそうな。
BH87.jpg BH88.jpg

ライブラリィのご案内。素敵な椅子と机と本棚と本があります。
BH89.jpg

BH90.jpg
この丸テーブル、ぐるりと枠が張り巡らせてあるんですが、何でなんでしょうね。本を読むなら絶対邪魔ですよね…。英国人はテーブルに本を置いて読まないのかしら?(そんなバカな)

棚だらけのテーブル。ああカッコイイ。
BH91.jpg
ブックスタンドも素敵。
BH92.jpg

ここにある本は全て手に取って読むことがあります。ただし「とても古くて高価なので大切に扱って下さい」言われずとも触れるのが慎重になってしまいます。
全部洋書で、膨大な数ですが私には何が何やら…。アリスの本を見付けたぐらいです(笑)シェイクスピア全集とかあるんだろうなあ。
こんな椅子に座ってゆったり本を読めたらいいですねえ。ライブラリーの使用時間がいつなのかは不明。宿泊者ならいつでもOKだと思うんですけども。
BH93-3.jpg

BH94-2.jpg

部屋の中央にあるこの不思議な形のソファ!2つのソファが繋がっています。
BH95.jpg

BH96-2.jpg
ネイサン君「whisper sofa(whisperingだったかも/sofaじゃなくてchairて言ったかも)」なるほどふたりの人が並んで座ってコソコソ耳打ちする用の椅子なんですね!M氏と参加者の方が座って実践してみますと、確かに頭をほんのちょっと後ろに傾げるだけで真横に相手の耳が来ます。おもしろーい。
ネイサン君、続けます。「他にはS字ソファとも言います」見たまんまですね。「またの呼び方をkiss sofa」あらまぁ。

続きの部屋には晩餐会でも出来そうな長いテーブルが。
BH97.jpg
私、花団いっこも見てないんで知らないのですが、BHって松本潤演じる道明寺の家に使われたんだそうですね。で、このテーブル部屋も度々登場したとか。右の主賓席は彼がよく座っていたので、「学生には凄く人気なシート」とネイサン君。ツアー参加者4人共全然反応がなくてニクソン君ちょっと寂しそうでした。

壁じゅう本だらけです。
BH98.jpg

BH99.jpg

『Mysteries of police and clime』なんて、シャーロックが好きそうな本を発見しました。
BH100.jpg

BH101.jpg

本を移動させるキャリーまでも素敵。
BH105.jpg

ネイサン君お得意のクイズ。「立て掛けてあるこの長細いのはなーに?」
BH102.jpg BH103.jpg
「地図?」という答えが出ましたが不正解。確かに広げたら世界地図が出て来そう。
正解は、なんとハシゴです!!!
BH104.jpg
うおおー凄いぃい!折り畳みのハシゴです。踏みざん(って言うんですね、ハシゴの足を掛ける部分のこと)の片側がスライドして一本の棒になるのです。うおお〜〜かっこいい〜〜!

ライブラリーを出てクインズルームへ。結婚式を使用する花嫁さんのお部屋なのかな。実際に使っているそうです。
ベッド、落ち着いた色で素敵、ああぁこんなところで寝てみたいです。緊張して眠れないかも。
BH107.jpg

BH106.jpg
大きなクローゼット。ツアー参加者の方が「開けていい?」てネイサン君の許可を得てからソッと開けてみると、蝶番のいい音と共に木の匂いがふわ〜っと。そこで盛り上がっていたらネイサン君が「なんたらcurious」て言ってて、私の知るcuriousて「奇妙な」て意味だけだったので、後でM女史に訊いてみたら「好奇心の強い」という意味もあると教えて貰いました。なるほど!

部屋はもちろん広いです。
BH108.jpg

BH110.jpg
壁にもユニコーン。これは彫り物です。壁の上部一直線に無数のユニコーンが。

調度品にはもう何度も溜め息が出てしまいます。
BH111.jpg

BH112.jpg

お風呂の壁や床は大理石調。
BH116.jpg
ここにだけは、時代にそぐわない最新のトイレがありました。

お隣キングスルームへ通じる扉の前に、こ…これが!!
BH114.jpg
ベネさんが雑誌か何かで寝そべってたあのソファじゃーーん!!!
とんでもなく興奮しました。そしてネイサン君が更に興奮させることを!
「このソファがなぜこんな低いか分かりますか?昔の女性はコルセットのあまりのキツさに気絶して倒れてしまうことがありました。そんな時、倒れた女性を抱き上げ寝かせるのが、このソファでした」
なんですとーー!!コルセットがキツくて倒れてしまった人を抱き上げて寝かせるソファですと…。
つまり…つまりこれは……。
low.jpg
ドッヒャー!ってなって、ネイサン君が「寝たい人がいたらどうぞ、写真撮りますよ」と言ってくれたので、私はいそいそと寝そべり“コルセットがキツくて倒れてしまった人”を演じて「ハア〜」とか言ってポーズまで取ったのに、起きて次の人に譲ろうと思ったらみんな「私は…」って座ろうとさえしない!超恥ずかしかったです。でもいいもん満足だもん。
BH115.jpg

ドアツードアで隣のキングスルームへ。クイーンズルームに比べると落ち着いた感じでしょうか。
左の重量たっぷりの机も、ネイサン君が「座りたければ写真撮りますよ」と言ってくれたんでまた私は座ったのですが以下略。みんな体験にはあまり興味ないのかな〜。
BH117.jpg

BH109.jpg

キャビネットのくびれ具合が最高でした。
BH118.jpg

BH119.jpg

キャビネットの上のチェス盤も女王様ですね。こちらはお若い。
BH120.jpg

BH121.jpg

キングズルームのベッドにはクマさんが伸びてました…うわわ。触れます。
BH122.jpg BH124.jpg
ネイサン君「BHにはダブルベッドがないんだ…。カップルに申し訳ないよ」としみじみ言ってました。

移動してスヌーカールームへ。スヌーカーって初めて聞きました。ビリヤードとそっくりなんですが、比べて台が巨大です。ビリヤードの倍あるそうです。ボールは21個。英国式ビリヤードだそうです。
BH125.jpg
台は外で作るとドアを通れないので、この場、この部屋で作成したとか。日本人の方です。
左にはバーがあって飲みながらボールを打てます。かっこいいですね。
予約制で1000円。やり方も教えてくれます。

隣は教会。なんとなく赤絨毯踏み難いです。M氏が壁中央に掛けられている絵の人物が「キリストと似てないですね?」と(英語で!)訊くと、ネイサン君が「神父さんです」と。普通はキリストの像とか絵ですよね。
BH126.jpg

BH129.jpg
部屋の左の四角いのは、神父さんが立つ場です。「ここも中入っていいよ」とネイサン君。
台の装飾がまた凄い。
BH130.jpg

移動し、階段を下ります。踊り場の窓。
「どうしてこんな縦長な窓なのでしょうか?」
BH132.jpg
光の入り具合がどうたら…ぐらいの理由しか思いつきませんでしたが、ネイサン君の答えは全く違うものでした。これは家を守る為・戦う為の窓で、細い窓から銃や弓を出して撃ち、サッと壁に隠れるんだとか。侵入者撃退対策ですね。もちろんBHには必要ありませんが、当時のマナーハウスを忠実に再現したのでしょう。かっこいい!ネイサン君「僕もここでよく…」ってなんか弓を射るフリしてました。「オーッ、衛士さんなのかっこいいね!」とかサラッと英語で言えたら良かったんですが、全く言葉が出ませんでした!
BH131.jpg

1階の研究室。学校の教室ですね。教室でさえ椅子がかっこいい。
BH133.jpg
ネイサン君が「ハリー・ポッターに出て来る部屋と似てるでしょ」みたいなことを言ってたんですが、そうなのでしょうか?ちゃんと見てないんだぁハリポタ。壁に掛けられている写真はイギリスの大使だか…なんだか…(すみません英語分からず)

さて問題。机にあるこれなあに?各机にあります。
BH134.jpg
なんとッ、これは手元のランプなのです!ああ〜〜こういう仕掛けのある道具好きーーーっ!!
電球が中にあって、外側の枠をスライドさせることによって光の加減を調節出来るんです。あぁあ頭いいなあっ!どうして日本にはないんだっ!ちなみに中央の黒ボタンが光のスイッチです。
BH135.jpg BH136.jpg
ここもネイサン君が「写真撮るよ」と言ってくれたのでM氏と座って勉強してるポーズとか取って撮影して貰いました。

これでマナーハウスのツアーは終わりです。
スタートのロビーに戻り、ネイサン君が「ここでも撮ってあげるよ」と勧めてくれましたが、私もM氏もなんか疲れて来てて断ったら「いらないの?」とちょっと驚いた様子で、一方それまで特に撮影を求めていなかった参加者さんが「撮って!」と言ってネイサン君と並んで写真撮ってまして、ここで私、「もしかしてさっきの、“最後に僕と写真撮りたいなら撮っていいよ!”て意味だったのかも…。やばい、それ断ったら彼傷付くよな」とひとり焦ってましたら、M氏が後で「いやあれは“撮ってあげるよ”って言ってたよ。一緒に撮ってって言われたから驚いてたんだよ」と教えてくれまして、ホッと息を吐いた次第です。


最後に…。
今回は英語でのツアーをお願いしたので全面英語での案内でしたが、分からなくて日本語で尋ねれば日本語で返してくれます。これはBH全体がそうなのだと思います。
英語の難易度としては、私自身が思っていたよりは聞き取れて、それはここ半年ぐらい続けてる英語単語勉強アプリのお陰だと思います。単純に英単語がひとつ出て来て日本語訳を4択から選ぶだけのものですが、これをやっていなかったら今回は全く理解出来なかったでしょう。と言っても、学んでいたのは英検準2級や高校必修のもの。普通の人が普通に学校行って英語を習っていたら当然知っているものばかり。私は半分以上知らない、もしくは忘れてしまっていましたが(ダメダメですね〜〜)
英語ペラペラな人には物足りないかも?BH側も、相手がどれだけ英語力あるか分からないから仕方ないですね。宿泊の際にはその辺りを備考として書いておくといいかもしれません。反映されるかどうかは不明ですが。「英語で話し掛けて!」とか書かれた札でもあればいいんですけどね。でも団体の学生さんらはみんな首から札下げてたんで、ああいう人にはもしかしたら英語で話し掛けて来るのかも。
逆に言えば、英語が全く話せない人でも安心して楽しめます。

5/10 13:30頃BH着。
5/11 15:45頃BH出。
ほぼ丸2日の滞在で、マナーハウスツアーのみをお願いし英語レッスンは受けず。それで時間がやや余りましたので、何かイベントをひとつ増やすとちょうどいいかもしれません。参考までに。
posted by モモ at 19:47| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

ブリティッシュヒルズその2

前回に引き続き、ブリティッシュヒルズ(BH)旅行記です。
今回・その2ではお食事処をご案内。その1はこちら

こちらはAscot(アスコット/イギリスの地名のようです)レストランです。
BH39.jpg

とっても味わい深い店内。木のぬくもり!素敵!!色んな種類の椅子・テーブルがあって、すいていれば「どこに座ってもいいですよ」と気軽に案内してくれます。
BH40.jpg

BH41-3.jpg
せっかくですので一番いい席、ソファを占領!ふっかふか。
BH42.jpg

BH44.jpg
オープンテラスもあります。池に面していて気持ちよさそうでした。
BH53.jpg
ちなみにこちらの店員さんは、最初から日本語で話して来る人と、英語で話す人、どちらがいいですかと訊いてくれる人がいました。外国人の店員さんはいなかったかな。メニュも日本語と英語選べますが、英語メニュでも全面英語じゃなくて一部(料理の説明とかが)英語…?

こちらのパスティーというお料理が大変美味しいと聞きまして、1日目BH到着後すぐに赴いたのですが…。なんとパスティーはランチメニュのようで、注文は2時まで!!ガガーーン!!ホームページには書いてなかったよう〜〜。
なので、私はキッシュとサンドイッチ(写真左)、M女史はソルトビーフサンドイッチ(右)をチョイス。
BH46.jpg

BH45.jpg
キッシュ、美味しかったです。チェーンのスペイン料理屋で食べたものは固くてあまり美味しくありませんでしたが、こちらのはほっこり柔らか、ベーコンたっぷり〜。付け合せのピクルスは苦手なのでM氏に食べて貰いました…。
M氏の方のビーフサンドも美味しかったです。こちらの付け合せはチップス。紫芋?なんだろ?

翌日、再度訪れ念願のパスティーを食しました。いやぁああ美味しかった〜〜〜!!
BH51.jpg

BH52.jpg
なんと焼くのに30分もかかるというこのパスティー!つまりパイですかね。ミートとベジタブルがあります。私が選んだのはミート。もうサックサク!特にこの、周りの練ってある部分が超美味しい。ソースが付いて来ますが必要ありません!パイの部分だけでも美味しいし!
しかしこれ、一体どう食べればいいのでしょう…。ナイフで切ろうとしますとね、ぐちゃーって潰れるんですね〜。食べにくいことこの上ない!正しい食べ方、知りたいです。

紅茶。フレーバの種類色々ありましたがあまり興味がなくてすみませんあまり覚えてません…。
私は普通にダージリン。M氏はシャングリラ。シャングリラって何味!?
BH47.jpg

BH48.jpg
紅茶はポットの中に茶葉が浸してあって、濾しを通してカップに注ぎます。コーゼが温かさを守ってくれますし、お湯の量的に3杯くらいは行けましたが、時間が経つと濃すぎてしまいますね。
コーヒーもポットで来ました。ありがたい!

フェアリーケーキ(左)と季節のプティング(右)
BH49-2.jpg

BH50-2.jpg
フェアリーケーキはM氏が選びました。凄く可愛いですねえ〜!カップケーキと同じなんですかね、上はクリームじゃなくて、なんて言うんでしょうか、サクッとしてます。バタークリーム?
季節のプティング。いわゆるプリンとは違うんですね。全然知らなくて恥ずかしい限りですが。オレンジピールたっぷり。温かいのと冷たいの選べます。私はあったか〜〜のを食べました。

店内に飾ってある鳥籠。インパクトあります。
BH54.jpg
かっこいい!売却用ではありません。触るのもダメです(BH内は触ってはいけないもの、座ってはいけない椅子、などはほとんどないのですがコレは例外中の例外です)
鳥さんはお人形。
BH55.jpg BH56.jpg

うわっ、ピーターラビットのチェス盤!
BH57.jpg
超可愛い。お菓子みたい。
BH58.jpg

夕食はパブで。
BH145.jpg

こちら2階。1階はバーカウンタとテーブル席がありました。
BH59.jpg BH60.jpg
宿泊プランの中にパブでの夕食がついていまして、サラダ、スープ、メインディッシュ、コーヒー/紅茶のコースを頂きました。軽〜い料理で、他にフィッシュ&チップスとか注文しないといけないのかと思っていたら、全くもってそんなことはなく。
サーモンのサラダにローストビーフ。もうお腹いっぱいになりました。
BH61.jpg

BH62.jpg
お酒は1杯ずつ注文しました。私はジントニック。900円ぐらいしたな…。

翌朝のご飯はマナーハウス内のリフェクトリーで(写真右の赤レンガ)
BH (4)2.jpg
入る手前の廊下にコート掛けがあります。
BH67.jpg
広々とした空間で朝食を頂きます。朝はビュッフェ。
BH68.jpg
ビュッフェは大したことなかったかな〜〜(笑)当然ながら洋食オンリー。
BH146.jpg

マナーハウス内、リフェクトリーとは反対側にリラックスルームがあります。
BH137.jpg

BH141.jpg
ここはなんか、従業員さんもいなくてグデ〜っと出来ます。プールを利用する人の着替え場所なのかな。自販機とお菓子、アイスが売ってます。ネット使用可のデスクトップ、携帯電話などを充電出来るコネクタなんかがあります。時間が余った時はここでグダグダしてました。少ないですが英国雑誌もあります。


その3はマナーハウス内のツアーガイドのご紹介です。
その3
posted by モモ at 22:16| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

ブリティッシュヒルズ

5月の土日で福島県にある神田外語が経営するイギリス村、ブリティッシュヒルズ(以下BH)に行って来ました。
公式サイトはこちら→http://www.british-hills.co.jp/
非常にぼんやりとした噂や情報からは、「敷地内では英語しか使ってはいけない」という印象が強かったこちら。ゆえに、美しい街並みや建物を見てみたいとは思いつつも英語出来ないし行き難いなァなんて思っておりました。しかし公式サイトには「全て英語で対応」なんて書いてない。レビュを見ると日本語を使っている人も多いみたい…?と、いうことで、まぁ日本国内のことだしどうにかなるべぇと、SHERLOCKファンの方を誘って行って来ました!ちなみに一緒に行ったM女史は私と違って英語に長けた方です。

東京駅から新幹線で1時間半、福島の新白河駅に降り立つとBHの送迎バスが我々を待っていてくれました。送迎バスは予約制。マイカーで訪れる人も多いみたいです。
余談ですが、新白河駅に到着した瞬間、段差を踏み外して足首をグキリとやった私。前途多難な予感が致しました…。幸い足はなんともなく、その後の過程も順調。ヒヤヒヤ。

BHがあるのは岩瀬郡天栄村というところ。やあ〜、山ん中でした!
送迎バスで40分!途中ジェットコースタみたいな坂を下りたり上がったりで、酔うかしらと危惧したけれども運転はゆっくり丁寧で、遠くを眺めていれば大丈夫でした。
BH (1).jpg
とにかく坂の勾配がキツいもので、コレ冬どうなっちゃうんかいな。
でも冬季も営業しているそうです。運転手さん、凄い。
近くにはゴルフ場や湖があるのでちょいちょい観光バスと擦れ違いました。

BHに到着しますと、車は敷地内の車道をゆったり走りReception(ロビー)のあるManor House(荘園領主の館)の前に停まります。
ちょっと学校みたいな形ですね。
BH (0).jpg
メインの建物です。中には受付やRefectory(食堂)、プール、遊戯場などの施設があり、2階部分はガイド付きの見学が可能です(ガイドツアーは要予約。宿泊者はツアーやプールの利用無料)

マナーハウス前のCourtyard(中庭)に建つこの像。
なんか見たことあるお顔。でもまさかなあ?
あるいは神田外語大の創設者かな?
BH (2).jpg
なんて思ってたら、まんまShakespeareでした。日本人が知るイギリス人としては最も有名と言っても良いシェイクスピアですが、なぜここに…。シェイクスピア作品ゆかりの何かがあるわけでもなく。単純にイギリス=シェイクスピアってことなのかな。
BH (3).jpg

到着と同時に従業員さんがお出迎え。私達を迎えて下すったのは日本人の女性で、外国人の女性もいました。ロビーまで荷物を運んで頂いて、チェックインの手続きです。
もうロビーから素敵でもぉおお〜〜テンション上がりました。
こういうのが見たかったんだッ!て感じです。
重厚感溢れる内装、木のぬくもり、シャンデリア、数あるソファ、そして暖炉!
受付のテーブルにはウィリアム王子とキャサリン妃と子供のジョージ王子の写真が。
BH69.jpg

BH70.jpg
英語で「日本語にしますか?英語にしますか?」と訊かれ、一瞬迷ったのち「英語で」
しかし恥ずかしながら、しょっぱなから「シグニーチャ」の意味が分からずM女史に訊く私。
signatureって言うんですね、署名のこと…。signかautographしか知らなかったよおん。一気に自信を失くす私ですがメゲずに英語で話しを聞きます。館内の簡単な説明、食事の時間、ゲストハウス見学の有無など。また、敷地内には眺望台がありまして、「行くのは自由だけど必ず持って行って欲しい物がある」と。見せられたのは、小さな鈴。bear bellだって。ベアベル。クマ鈴!クマ出るのここ!?
M女史もbear bellなんて言葉初めて聞いた、と言って笑ってました。私も最初は擬音かと思った。
ここは山の中なのだ、と改めて認識しつつ、チェックインも済んで自由行動。

BH内のどこかにシャーロック・ホームズのチェス盤があると聞いてまして、遊戯場かどこかかしらと思っていたら。
ロビーにあったわ!ガラスの棚に収められていて、しかも鏡張りだったもので写真撮り難い!
BH71.jpg

BH72.jpg
見えるでしょうか?有名なキャラクタが並んでおります。

こちらホームズ、ワトスン、ハドソン夫人、アイリーン? 
BH73.jpg
レストレードもいたようなのですが、ワトスンとの区別がつかず。

こちらはヴィランズですね。モリアーティ、ミルヴァートン?、バスカヴィルの犬は可愛かった、そして見切れてしまっていますがライヘンバッハの滝。
BH74.jpg

探してみると、あちこちにチェス盤があるのです。
ロビーは上記のホームズとこちらの女王陛下。階段の裏にこっそりあります。
BH75.jpg

BH76.jpg

さて、ここBHには複数の宿泊施設があります。ゲストハウスというやつですね。ここでは棟と考えれば良いでしょうか、宿泊プランによって泊まる棟が異なるようです。宿泊者のいない時はゲストハウス内の見学が可能、と聞いていたのですが今回は全て不可…。大変残念です。5月は学生さんの研修などで人が多いのでしょうか。見学が可能かどうかは当日行ってからでないと不明の為、それを見越しての予約は実際不可能ですね。うーん。
BH(23).jpg

BH(26).jpg
私達が選んだのは「パブディナープラン」というもので、5月の土日1泊、当日の夕食と翌日の朝食がついてひとり23500円。予約時は興奮してて料金に対する感想はなかったのですが、1泊23500円て結構高いですね!?箱根の温泉でももうちょっと安い気が…。いや、まあ、それは人によりますな。私はいつも安い値段の往復新幹線+ホテルのパックで京都とか神戸とか行ってたから…。今回は新幹線代は別途です。ちなみに新幹線は東京駅〜新白河駅往復13140円(指定席)

ツインルーム。アメニティなどは通常のホテルと同じ。冷蔵庫、テレビ、エアコン完備。ベッドの上の載っているのはバスローブです。どかして撮れば良かったですね…。
BH144.jpg

BH143.jpg
床は木の板で歩くと重々しい足音がします。隣室の音がちょっと聞こえたかなー。まあこれも普通のホテルと同じようなものでしょう。
余談ですが、ここのテレビ、BSが映ってしまっちゃって、ちょうどその夜放送のSHERLOCK「ライヘンバッハの滝」が見られちゃいました。

予約時、ネットで室内の写真を見た時にグッと心を掴まれたのがこのお風呂です!!
いわゆる猫足タブって言うんですねえ。
あああ〜〜可愛いー!一度入ってみたかったんですよぉ〜!
BH (6)-2.jpg

BH (7).jpg

そして。
夏季を除き、クローゼットの中にひっそり佇むのが、マント。
BH (10).jpg
まさにハリー・ポッターが纏っていたようなマントなんです、これ!
着てめっちゃ遊びました。この格好でどこ行ってもいいんです(店では脱衣義務)
BH (16).jpg BH (17).jpg

展望台に通じるNature Trail(自然歩道)で魔女ごっこ。
BH (15).jpg BH (13).jpg

お仲間発見!何人か見掛けました。
BH (20).jpg

BH (22).jpg
この日は風が強くて寒かったのでマントが大変役立ちましたからね。
山の中なので東京に比べると遥かに涼しい。夜はめちゃくちゃ寒かったです。マントは必需品!

施設の紹介に戻ります。
敷地は7万3千坪と公式HPに書かれていますが、いまひとつピンと来ませんな。広いのか、狭いのか?私は「すごーく広いんだわ」と勝手に考えていました。でも届いたパンフレットで俯瞰写真を見てみると「あれ…もしかしてちっこい?」その頭で行ったので、実際に見てみて「思ったより広い」と感じました。うーん、どれと例えれば分かり易いでしょうね。ディズニーランドの半分よりやや狭いぐらいです。敷地としてはそれくらいですが、ランドのようにアトラクションがあるわけではなく、先に申した通り建物の中全てに入れるわけでもないので多少時間を持て余すかも。ただ、宿泊者はテニスコートもプールも無料で使えるし、有料で英語レッスン(http://www.british-hills.co.jp/edu/private/lesson/)が受けられます。私はそれらを一切しませんでしたが、料理やジュエリーを作りながら英語を学ぶ、というのは面白そうですね。

ゲストハウス密集地帯。ゴミひとつ落ちていないとっても綺麗な街並みです。
道路は送迎バスや作業車が時折通行しますので、写真撮影に夢中になり過ぎないようご注意。
BH (32).jpg

BH (31).jpg

緩やかな小川が流れています。連日、庭師さんらしき人がここでお仕事していました。
BH2.jpg

BH3.jpg
カエルの声がケロケロ聞こえるのに姿がいっこうに見えませんでした。

こちらもゲストハウスです。中、どうなってるんでしょうね…。あ、煙突!ハシゴも掛かってます。
BH4.jpg BH5.jpg

雪の積もる山が見えます。1日目は風は強かったけど天気が良くて幸いでした。
BH6.jpg

レンガ造りのこちらがYショップ。お土産屋さんです。4階分もあります。
BH9.jpg

BH10.jpg
テディベアの看板が可愛い!
BH12.jpg

BH11.jpg
お土産、食べ物(主にお菓子)に関してはPLAZAとか紀ノ國屋に売っているものばかりでした。WalkersとかHARIBOとかCath Kidstonのクッキーとか。お土産に適しているのではBHオリジナルのお菓子ですかね。
私としては雑貨の方が見ていた楽しかったです。キィホルダーひとつでも、ブラックキャブやダブルデッカーの形のが可愛くて。看板にあったテディが刺繍されたハンドタオルが、意外に丈夫で早速使ってます。
それからテディベアのぬいぐるみ。衝動買いしてしまった…。
BH142.jpg
どちらも2000円以内で買えました。

地図には名称のついていない古城。中は入れませんでした。
BH24.jpg
M女史の推理によると従業員さんのお部屋?
BH23.jpg

お城の近くには立派な大砲がデンとひとつ。
BH25.jpg
中々近くで見られるものじゃないですね。

もうひとつお城。Barracks(兵舎)兵士の宿舎ですか〜いいなあ!
BH33.jpg

BH30.jpg
と言って、勝手に入ってしまったのですが本当はいけなかったっぽい。
分からなくて入ってすぐのロビー部分をウロウロして、上の方行ってみようかって更に進んで行ったら人がいて「ここは学生さんの棟です」と言われ…。入ってはいけませんとは言われませんでしたが。なんとなく押せず引き返す。
BH38.jpg
ここはランプ超かっこよかった!
BH36-2.jpg BH37-2.jpg

こちらは庭園。しかし、地図を見てもどこに庭園があるのか分からなくて右往左往しました。
BH13.jpg

ええと、こういう(左)のは何て言うんでしょうか。英語はおろか日本語も満足に出来ませんな自分…。全く名称が分かりません。ともかくですね、檻(檻?)の下に椅子があって座れます。すぐ隣(右)に背丈より大きなラブスプーンの碑が建ってます。
BH14-2.jpg BH15-2.jpg
ラブスプーンについてはこちらが詳しいです→(ガイドブックに載ってない英国ウェールズ案内)

この庭からNature trailを通ってView Point(眺望台)に行きます。あ、その前に受付でベアベルを借りないといけないですね。「ベアベルを貸して下さい」を英語でなんて言うのかとM女史に訊いたりして…。いざ。
ところでNature trailって、つまりけもの道?(笑)
BH16.jpg
紅葉季は美しいのでしょうか。5月の上旬はご覧の通り茶色一色でした。
眺望台は、崖っぷちに建っていて端っこまで行くとちょっと怖いです。
BH17.jpg
眼下には湖と山。いや〜、山はいいですね〜!
BH18.jpg

夜はライトアップ。マナーハウス前の池の周りが電飾で彩られ。
BH63.jpg
でも日が落ちると寒くてまともに見られなかった〜!
ゲストハウスの方もライトアップしてたんでしょうか?


お次はレストランをご紹介しまーす。
その2
posted by モモ at 19:43| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。